Milky Wayは国際社会に羽ばたいていけるようなこども達の育成を目指します

Milky Way International Preschool

philosophy

教育理念

TOP/ 教育理念

ありがとうという感謝の心

誰でも「ありがとう」と他人から感謝されるとうれしい気持ちになります。子どもでも、大人でもそれは同じです。
「感謝の気持ちをもつと、人はやる気に満ち、落ち込んだ心が癒え、希望がわいてくる」。(※ポジティブ心理学の中心的研究者、カリフォルニア大学デイヴィス校のロバート・エドモンド教授の言葉より)
日頃から感謝を心がけているお子さまは、生活に対する満足度が高いそうです。「ありがとう」という感謝の言葉は相手を気持ち良くするだけではなく、自分も前向きにさせます。

当園では、お子さまが何かをしてくれたときはもちろんですが、それ以外でも感謝の気持ちを伝えるようにしています。感謝している保育者の姿を見て、お子さまも「ありがとう」の使い方を学んでいきます。感謝の気持ちを育むために、園生活の中では「人、物、命の大切さ」を教えていきます。自身で使う身の回りの道具、園の物、そして「命」も。出逢いとはSerendipity(幸せな偶然)です。すべての出逢いに感謝し無意味なことなど何一つないことを学んでいってほしいと考えます。

また、園内で動物を飼育したりして命の授業を行います。
「生き死に」がわかるまでにはまだまだ先かもしれませんが、命の尊さを伝えていきたいと思っています。
人に感謝できる人というのは、自己肯定感の高い人です。自分を認めていなければ他人を認めることができないからです。ですから、ふだんからお子さまを認め、そして適切にほめ、その存在自体に感謝することで自己肯定感を高めることが大切です。
そうして自分も他人も大切にできる大人になれば、感謝の気持ちもしっかり表現できます。人に優しく接し、たくさんの「ありがとう」に囲まれて豊かな人生を送ってほしいと考えます。

国や文化にとらわれない国際感覚

当園は様々な国籍の職員がいます。
肌の色も、髪の色も、目の色も国籍も違う先生達が集まり、同じ理念のもと保育をしています。世界には沢山の色々な国の人たちがいます。今後益々グローバル化していく世の中でたくましく国際社会を生き抜いていける子ども達を育てたいと思っております。真の国際人は、ただ英語が上手に話せる人ではなく、自分たちの文化を知り、国籍などにとらわれず相手のことを受け入れられる人です。英語はあくまでもツールです。
当園では、英語を通じて音楽・アート・算数・サイエンスなどさまざまなプログラムを経験するイマージョン教育で、想像力や探究心を育てます。
「英語のお勉強をする」というよりも「英語で生活を楽しむ」ことを意識しております。

他のインターナショナルスクールと大きく違う点は、あくまでも「保育園である」ということが根幹にあります。
卒園生の多くは日本の小学校に進学しますので、職員が日本の保育・教育指針を理解して接することは非常に重要です。
外国人の講師も日本の保育指針を学んだ上で、レッスンを行っておりますので小学校進学後困った事が起きないように気を付けております。
結果、日本の教育・保育方針に沿った英語のレベルのとても高い子ども達を送りだすことができます。四角い頭ではなく丸い頭で柔軟に考えることのできる、視野の広い大人になってほしいものです。

自らやろうとする自主性

海外ではもちろんのこと、昨今の日本の保育では子どもの自主性、主体性を育てるということが保育士、幼稚園教諭の役割として、とても重要視されています。
『大人の言うことを聞かせる』という支配的な保育をしていると、自立できない、何も自分では決められない大人に育ってしまう可能性が高くなってきます。
保育園では決まったおもちゃで子どもたちを遊ばせるのではなく、コーナー保育等を用いて「やりたいこと」「遊びたいもの」を子ども達自身に決めてもらうようにしています。
これらは、本当に小さな選択肢ですが、子どもたちに「何かしらの選択権を与えている」ということになります。子ども達はその都度自分で考えて、答えを出す練習をしていることになります。

人は成長していく過程でもっと大事なことを自分たちで決めていかなければならなくなります。人生の上大切な選択に迫られたときに、的確な判断を自分で下していけるということは、とても大切なことです。
この選択肢を与えるということは、自主性、主体性を育てるのみだけではなく、自分で決めたことをやりとげたいという、やる気とその結果から成功体験を学ぶことにもなります。
当園では先生達は「肯定的な言葉」を使うように心がけています。否定的な言葉ばかりを投げかけ続けていると、子どもたちの自分から何かをやってみようという意欲を下げてしまうことになります。
また、子どもにできるだけ「させてみる」ということもとても大事です。時間のない中で子どもができるまで待つというのは至難の業かもしれませんが、当園ではできるだけ待つよう心がけています。また、プロジェクト保育などを取り入れて子ども達に選択をさせるよう心がけています。

園一覧園一覧

englishenglishENG